レビュー

[トップガン:マーヴェリック] 印象に残るF-14はいぶし銀のかっこよさ

こんにちは、たじです。
先日IMAXで「トップガン:マーヴェリック」を観てきました。
ド迫力の大画面と素晴らしい音響でした。

今回は上映中の「トップガン:マーヴェリック」のあらすじや印象に残ったシーンをお話しします。
ぜひIMAXで観てほしいです。

ネタバレになりますのでご了承ください。

総合評価☆5つ

前作のトップガンに続き、今回も戦闘機シーンはCGではなく実写映像です。

アイキャッチ
[トップガンのかっこいいセリフ] 私が一緒に飛んでもいいぞこんにちは、たじです。 皆さんはトム・クルーズ出生の作品はご存じですか? 彼が今輝いているのは映画「トップガン」で俳優界のトップ...

最新のカメラによる撮影のため、鮮明にコクピットが映ります。

また俳優たちも実機に乗って撮影していますので、Gがかかり演技ではない表情が観れます。

 

あらすじ

ピート・ミッチェル海軍大佐(コードネームはマーヴェリック)はアメリカの過去40年間において空中戦で3機の敵機を撃墜したエースパイロット。

アイスマン海軍大将の強い要望でノースアイランド基地で「トップガン」の教官職に就く。

感想

今回のトップガン卒業生(ヒヨッコ達)の中にかつて相棒だったグースの息子ルースターが登場。

親父とは違い、自分に自信がある模様。

その自信が吉と出るか凶とでるか。

また女性パイロットも登場し、時代の変化が伺えます。

ジェンダーレスの影響は映画の世界にも浸透しています。

装備も現代に追いついており、スマホでやり取りのシーンがあります。

前作では固定電話でやり取りしていたので、時代の変化ですね。

映像は最新のIMAXカメラなのでとても綺麗ですが、あえてノイズを入れることでリアリティーを出しています。

アイスマンは出演者ヴァル・キルマーは自信がガンを患って、発声ができません。

トム・クルーズの熱望でヴァル・キルマーと共演が実現しました。

劇中の発声は人工音声という衝撃の事実。

マーヴェリックといえば、F-14が似合います。

今回も最後の最後にF-14が始動シーンから登場します。

時代遅れのコクピット、計器もデカイところが時代を感じます。

操縦とレーダーは別々に設計されているのもF-14時代の特徴です。

印象に残ったシーン

マーヴェリックが再びF-14に乗るシーンは胸にジ~ンときました。

その時のレーダー要員はルースターという胸アツな展開。

F-14なんて乗ったことないルースターがレーダーの電源を探してるが見つからず、マーヴェリックにどこにあるか聞くがマーヴェリックも知らない。

そしてマーヴェリックはルースターに「父親に聞け」という。

あの世からの助言で無事にレーダーの電源を発見するところもジ~ンときました。

こんな人におすすめ

・前作「トップガン」の続きが気になるかた
・迫力ある戦闘機シーンを堪能したいかた
・俳優たちの迫真の演技をみたいかた

劇場で見るときはIMAXで観ることを忘れずに!